マイルでGO  @スパロウ隊長

マイルやポイントでお得に家族で海外旅行に行くことを紹介するブログ

ヒルトンアメックスカード⦅2022年12月⦆最新入会キャンペーン(紹介がオススメ)無料宿泊、プレミアム、特典比較

 

 

ヒルトンアメックスカードのお得な入会方法

【2022年11月30日更新】

 

ヒルトンアメックスカードには入会方法が3つあります。

1 公式サイト

2 ポイントサイト経由

3 ご紹介

お得な順で行くと、

ご紹介>ポイントサイト>公式サイト

となります。

最新のキャンペーン(ポイント数)はこちらの記事へ ↓

 

www.mairudego.com

 

ご紹介→決済額公式サイトと同条件で最大14,000ポイント多くもらえる

ポイントサイト→公式サイトと同条件、同ポイント付与 +1,000円or2,000円程度

もらえる入会キャンペーンのポイントは以下の通りです。

ヒルトンオーナーズアメリカンエキスプレスカードの場合

公式サイト→基本(54,000ポイント)

ポイントサイト→基本(54,000ポイント)+1000円分のポイントサイトのポイント

紹介→基本+6,000ポイント(合計60,000ポイント・同条件)

ヒルトンオーナーズアメリカンエキスプレスプレミアムカードの場合

公式サイト→基本(146,000ポイント)

ポイントサイト→基本(146,000ポイント)+2000円分のポイントサイトのポイント

紹介→基本+14,000ポイント(合計160,000ポイント・同条件)

ヒルトンオナーズポイントの価値は?

ヒルトンのオナーズポイントの価値が1ポイント=0.3〜0.5円と言われています。

6,000ポイント=1,800〜3,000円分

14,000ポイント=4,200〜7,000円分

 

プレミアムカードの場合

ご紹介(7,000円お得)>ポイントサイト(2,000円お得)>公式サイト

となります。

ぜひご紹介にてご入会されることをオススメします。

もし、ご友人でお持ちの方がおられないようでしたら、ご紹介いたしますので、こちらのフォームよりお問い合わせください。

カードの概要

f:id:milestyle:20220301111307p:plain

ヒルトンアメックスカード概要まとめ

 

 

年会費

一般カード16,500円、プレミアムカード66,000円となっています。

同じホテル系のクレジットカードマリオットボンヴォイアメックスカードは、一般カードが23,100円、プレミアムカードが49,500円ですので、ヒルトンの方が、一般カードは安く、プレミアムカードは高いということになります。

ヒルトンプレミアム>マリオットボンヴォイプレミアム>マリオットボンヴォイ一般>ヒルトン一般

 

ポイントの付与

一般カードについては、100円=2ポイント(ホテル利用で3ポイント)

プレミアムカードについては、100円=3ポイント(ホテル利用で7ポイント)

となっています。

ポイントの還元率を検討する上で、マイルへの移行も大切だと思います。

正直マイルを貯めるカードとしてはオススメしません

f:id:milestyle:20220301112456p:plain

ポイント付与ANAマイル移行で考えたら?

 

マイルを貯めるにはオススメできません。

 もし、マイルを貯めたいならマリオットボンヴォイアメックスカードをオススメします。マリオットボンヴォイアメックスカードなら、ANAJALの他にもマイルを移行できます。(100円で最大1.25マイルまで可能)

 

ヒルトンの上級会員制度について(ステータス)

ほとんどのホテルには会員制度があります。ヒルトンにももちろんあります。

入会しただけのメンバー、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4段階です。

ヒルトンの会員制度
ヒルトンアメックスカードに入会すると

ゴールドステータスに自動的になることができます。

 ゴールドステータスは簡単に言うと、20滞在(連続しない20泊)もしくは、連続も含めた40泊すると得られるステータスです。

(参考:アメックスプラチナカードも入会するとヒルトンのゴールドステータスがもらえます。)

ゴールドステータスのオススメ特典

3つ挙げるとすれば、「朝食無料」「部屋のアップグレード」「宿泊時のポイント増量」です。

朝食無料について(変化の兆しあり)

 ゴールド、プラチナについては朝食が無料となっています。後ほどお話ししますが、無料宿泊券などとも相性が良く、素泊まりプランでも朝食が2名までもらえるということになります。

 しかし、現在アメリカ本土では、朝食無料ではなくクーポン(クレジット)に変更されています。(要するに例えば30ドルの朝食の足しに20ドルのクーポンあげますといった感じです。)この制度が、日本にも上陸するのではという噂もあります。

 とりあえず現在(2022年5月時点)では、アメリカを除く全てのホテル(日本を含む)で朝食が無料ですので、かなりお得です。

部屋のアップグレード(ゴールド会員でもエグゼクティブルーム、ダイヤモンド会員ではスイートも)

 こちらもホテルにも差はありますが、かなりの確率でアップグレードしていただけるイメージです。そのままの部屋タイプはほぼないイメージです。運良くエグゼクティブルームにアップグレードされるとラウンジなども使うことができるようになります。(ラウンジは利用不可の場合もありました。)

 私はダイヤモンドステータスになったのでそのアップグレードがさらに増加しています。ちなみにダイヤモンドですとスイートまでアップグレードされます。スタンダードルームからスイートへの超ジャンプアップ!ヒルトン愛が増加する所以です。

 これは、私の経験ですが、ヒルトン東京ベイTDR・舞浜)はスイートが少ないのか、スイートまでは今までありません。春休みなどのヒルトン瀬底(沖縄)などは、シーズンということもあり予約した部屋そのままもありました。

 逆に、ヒルトン東京(新宿)は、ほぼジュニアスイートにしていただいてます。

 よくアップグレードしていただけるので、当たり前と思いがちですが、していただいたらラッキー程度の気持ちが良いと思います。

 また、無料アップグレードはなくても、有料ではありますが、通常よりは格安でアップグレードしてもらえる可能性もありますので、その辺りはチェックイン時に聞いてみるのも良いかもしれません。

宿泊時のポイント増量(約5%アップの還元率も)

ポイントの真骨頂、宿泊したときにもらえるポイントについてです。

ヒルトンアメックスカードでカード利用した時ももちろんもらえますが、ヒルトン系列のホテルに宿泊した時も、カード利用とは別にポイントがもらえます。

基本 1米ドル=10ポイントです。

宿泊費 26000円/泊だった場合(1米ドル=130円とする)

200米ドル→2000ポイント(1000円相当)獲得となります。

還元率でいうと約3.8%になります。

 

さらに今回の宿泊時のポイント増量で

ゴールド会員ですと80%のボーナスがつきますので、6.8%(80%増量)

ダイヤモンド会員ですと100%ボーナスがつきますので、7.6%(100%増量)

となります。

 

そしてゴールド&ダイヤモンド会員は、宿泊するホテルにもよりますが、1000ポイントほどもらえる特典(MY WAY BONUS)もありますので、勘案するとトータルでゴールド会員でも約8.8%(1オナーズポイントを0.5円として考えた場合)ほどの還元率となります。

通常ですと3.8%の還元率が、ゴールド会員であると8.8%になるということで、約5%の還元率がアップすることになります。

 

youtu.be

友だち追加